銀行系カードローンの特徴

カードローンには色々なものがあります。消費者金融や信販会社などが発行しているものもありますが何といっても銀行系のカードローンは安心感や安全感が他とは比べようがないほどに違うと言っても良いのではないでしょうか。

やはり、利用する側からすると信用が出来るという点は大きな違いになってくるのです。また、銀行系のカードローンは金利も低く融資される限度額も高い傾向にあるというのも特徴と言えます。

特に金利に関しては消費者金融の商品を利用するよりも格段に低い設定になっているのでメリットが大きいと言えるのです。消費者金融などの貸金業者からお金を借ることになると総量規制がかかってきますが、銀行からの借り入れの場合には総量規制の対象外になります。

これも大きな特徴と言えるでしょう。銀行系のカードローンは消費者金融などから総量規制にかかるほどの借り入れをしていても新たに融資を受けることが可能となっているのです。ただし、だからといって必ず審査をスルー出来るとは限らないので注意は必要です。

トータルで考えてみると初めてカードローンを申し込むと言うことなら銀行系のカードローンを申し込むのが最も良い選択だと考えることが出来ます。金利面でも安心感でもワンランク上を行くカードを持つことが出来るのです。

ただし、銀行系のカードローンはカードの発行に時間を要します。急いでいると言うことなら消費者金融などの商品の中から最も有利な商品を選びましょう。

消費者金融系カードローンの特徴

消費者金融系のカードローンは銀行系の物と比べて違った特徴があります。申し込みや審査方法、銀行やコンビニのATMを利用することが出来るなどの共通事項も多いのですが返済に関しては若干変わってきます。

銀行系の商品は基本的に銀行口座からの引き落としによる返済がほとんどなのですが、消費者金融系のカードローンは返済指定日に自分で指定された銀行口座に振り込むと行くことが基本となります。

銀行系とは違い勝手に引き落としをされることがないので自分で返済日をしっかりと把握して返済を行わないといけないのです。万が一、忘れてしまうと即効で遅延損害金が発生してしまいますので忘れないように心がけないといけないのです。

消費者金融系のメリットは審査に要する時間が短く融資自体も即日でも行ってくれるという点です。その上に銀行系の商品と違ってサービス面が充実していることも挙げられます。金利を優遇など利用者にプラス効果のあるキャンペーンなどを行っていることも多いのです。

また、安心面でも現在はほとんどの大手の消費者金融は銀行の傘下に入っています。バックが銀行ということになるのです。その意味では以前と比べると各段に安心感は違っていると思って良いでしょう。

消費者金融系のカードローンは金利が銀行系の商品と比べるとかなり高くなっています。利用に際してはその点を良く理解して出来る限り早く返済を済ますことが出来るように考えながらの利用がオススメだと言えるのです。

カードローンのメリット

カードローンは数あるローン商品の中でも最も人気が高い商品だと言えます。その理由はイコールメリットとも言えることになります。

一つには全般的に他のローン商品と比べても比較的短期間、早ければ即日でもカードが発行されて即日で利用することが出来ると言う点になります。

一般的なローンだと審査を含めて数週間は時間がかかるのが普通なのでこの点は大きなメリットだと言えるでしょう。また、利用用途を制限されないという点も魅力です。生活費の足しにしても旅行費用にしても自分が欲しいものを買っても何も文句を言われることもないのです。

返済の方法も銀行のATMやコンビニのATMを利用することができるので非常に便利だと言えます。利用限度枠内なら何度でも借り入れと返済を繰り返すことが出来るのです。一般的なローンのように借り入れの都度に審査が行われるようなこともないのです。

昔ですと銀行であれ消費者金融であれお金を借りようと思うと店舗にまで赴き手続きをするのが当たり前でした。現在のカードローンはそのようなことも必要ありません。

ネットからの申し込みだと最初から融資が実行されるまで一度も店舗に赴くことも顔を合わせることも一切なく利用することができるのです。

人に知られることなく利用が可能なこともカードローンの大きな魅力だと言えるのです。金利に関してもキャッシングなどと比べると低く設定されています。特に銀行のカードローンは相当に金利が低く魅力的になっているのです。

カードローンのデメリット

カードローンは便利で役に立つカードです。一度手に入れてしまうとその便利さにありがたく思うものです。一考するとカードローンにはデメリットなどないような気がしてきます。

しかし、実際はその便利さがデメリットになってしまう可能性を秘めているのです。カードローンは作成が出来ると借り入れをすることも返済をすることもカード一枚あれば何度でも行うことが可能となっています。

ある意味銀行のキャッシュカードと同じような感覚です。

限度額内であればいつでも引き出すことができるお金がカード一枚の中に入っているのです。まさにその点がデメリットになってしまう可能性が出てくるのです。

カードローンを利用するということは借金を作ると言うことです。ところが、便利に利用できるカードはまるで自分の銀行のキャッシュカードを利用するかの如く使ってしまう可能性が高いのです。

感覚がマヒしてしまうと言っても良いでしょう。借金をしているのにまるで自分の預金から引き出しているような感覚になってしまうのです。また、カードローンの返済方法はリボルビング払いでの返済が基本となっています。

これは返済額が毎月一定でわかりやすいのですが、返済を繰り返してもなかなか元本が減らないという欠点があります。

気楽に利用して返済を繰り返してもなかなか完済に辿り着けずに総支払額が思ったよりもかなり多くなってしまうのはデメリットと言えるかと思われます。いずれにしてもいくら便利なカードでも必要以上には利用しないことです。

カードローンの利用で気をつけたいこと

便利で一枚は持っておきたいカードローンですが気を付けておきたいこともあります。それはカードローン自体の問題ではなく利用する側がどのような考えをもって使うかということになります。便利なものには意外と落とし穴のようなものがあるものです。

カードローンは気軽に作ることも出来ますし、いつでもどこでもATMさえあれば利用も可能となっています。しかし、それは借金を発生させるカードであると言うことを理解して使わなくてはいけません。

銀行も消費者金融も今どきはこぞってカードを作成してもらおうと必死にパイの奪い合いをしています。

色々な付帯サービスが付いたカードも存在しています。それらは確かに便利ですが本当に必要なものでしょうか。本来、カードローンはお金がピンチの時に臨時に利用するようなイメージの商品です。そんなカードは本来、何枚も必要ありませんし頻繁に使うべきものでもありません。

本当に必要な時にだけ利用すればよいのです。それも必要最小限の利用であるべきです。消費者金融の商品のように18%などの金利というのは決して低いものではありません。

借りれば借りるほど返済額も増えていくようになっているのです。金利分ばかりを払っていても何も得なことはありません。

一番の気を付けたいところはまさにそうした部分だと言えるのです。どれだけ便利でもカードローンのカードに入っているお金は自分のお金ではありません。利用するのは簡単ですが返済には多くの余分なお金を金利として払っているのだということを良く理解しておきましょう。


このページの先頭へ戻る